アニメ紹介『魔女の旅々』



2020年のTVアニメ『魔女の旅々』全12話を視聴しました。

まず、読み方ですね。

大丈夫です。「たびたび」で合ってます。

原作者の白石定規(じょうぎ)先生によると「明るい話と暗い話の両方を書きたかった」ために連作短編集の形式になったとのこと。

主人公の魔女・イレイナが旅人となり、様々な国を旅する中で起こる

楽しいこと、つらいこと、胸くそ悪いこと等を日記に書き留めていく形で物語は進行します。

自分大好き

2020年【秋】魔女の旅々全12話

主人公は自分が大好きで大好きで仕方ない少女・イレイナ。

彼女は劇中の小説『ニケの冒険譚』が大好きで、幼い頃から旅をすることに憧れていました。

両親から魔女になったら旅をしてOKと許しをもらった彼女は必死に努力します。

魔道士・魔女見習い・魔女の順番で上がっていくところ、

イレイナは14歳で魔女見習い、15歳で魔女・・・と驚異的なスピードで成長。

想定より早く娘の旅立ちが決まってしまった父は大泣きしました。

本作の印象として強いのは、

自分のことが大好きで仕方ないイレイナの自画自賛モノローグ

そして、そんな彼女の正直すぎる言動(毒舌)

しかし、そんな彼女も実はちゃんと義理と人情を持ち合わせていたり、

人の苦しみに涙するなど、人間的な価値観をもっているため、なかなか憎めません。

まぁ、なんと言っても本当に可愛いので。

明るい話と暗い話

原作が連作短編集のため一話完結がベースとなっています。

また、3話と7話は1話の中に似たエピソードが2つ入っています。

あえて話の流れにタイトルをつけるなら、

1~2話が出会い、3~4話が不穏

5~6話が再会、7~8話は和やか

9話は不穏、10~11話は大事な話

そして最終話、12話は非常に愉快です。

キャストのテロップが面白いので是非ご覧ください。

全体を見ると魔女たちの「可愛い」や「好き」が溢れる明るい話ですが、

油断したところで「暗い話」がぶっこまれます。

特に9話は衝撃。

冒頭で描写に関する警告テロップが出るように、ショッキングなのでご注意を。

作品情報

放送時期

2020年 秋魔女の旅々全12話

配信情報

Netflix視聴可
Amazonプライム・ビデオ視聴可
dアニメストア視聴可
※2021年3月時点

\dアニメストアがお勧め/

31日間無料!【dアニメストア】

スタッフ

原作白石定規
監督窪岡俊之
シリーズ構成筆安一幸
キャラクターデザイン小田武士
音響監督藤田亜紀子
アニメーション制作C2C

キャスト

イレイナ本渡 楓
フラン花澤香菜
サヤ黒沢ともよ
シーラ日笠陽子