退職代行サービス5社比較

平和也

Welcome to Gentle World!

優しい世界へようこそ!

優しい世界の創造主・平和也です。

今日は流行りの退職代行サービスを5社比較してみました。

気まずい期間を経ずに翌日から自由になれることで評判ですね。

しかし、中には怪しい業者もありますので、依頼先には注意が必要です。

会社を辞めたくて仕方ないけど言い出しづらいという方は参考にしてみてください。

サービスを比較する時のコツ

サービスの運営元を確認する

サービスを比較するときは、まず運営者を確認しましょう。

法人なのか、個人事業主なのか、他にどんなサービスを出してるのか。

運営者のHPをしっかり読むことが大切です。

運営会社もしくは特定商取引法に基づく表記を確認する

サービスのHPのフッター部分に「運営会社」があればクリックしてみましょう。

もしくは「特定商取引法に基づく表記」でもOKです。

会社情報、代表者、メールアドレス等が記載されているので、それをコピー&検索します。

稀に検索しづらいよう画像化されていることもあるので注意が必要です。

運営元を調べることでサービスの穴はボロボロ出てきます。

サービス内容自体にさほど差はありませんが、信頼出来る業者を見極めることは重要です。

メールアドレスの@以降を検索する

運営者が分からない場合、メールアドレスの@以降を検索してみましょう。

*****@gmail.comのようなやつですね。

ここは上記のようなフリーアドレスでなければHPのドメインになっています。

ドメインとはkazuya-taira.comのようなHPの住所にあたるものです。

退職代行サービス5社の比較

それでは本題の退職代行サービスの比較をしていきます。

今回比較した業者は下記の5社です。

  • 退職110番
  • 退職代行ガーディアン
  • 男の退職代行 / 女性の退職代行
  • 退職代行Jobs
  • 退職代行J-NEXT

ポイントは代理交渉が可能かどうか。

単に退職を言い出しづらいだけなら料金で選んでOKですが、

未払い賃金や取得出来ない有給がある場合は代理交渉可能なサービスにしましょう。

通常より料金が高い分、勤務先から出るお金で元を取る感じですね。

退職110番

退職110番
  • 料金:一律43,800円(税込み)
  • 運営:弁護士法人あおば

シンプルな一律料金ですが、少しお高め。

もちろん代理交渉は可能ですが、別途費用がかかります。

弁護士法人の運営で安心感がある分、上乗せされてると考えましょう。

退職なんて本来、法律のプロを頼るような行為じゃないんですけどね。

辞めづらい雰囲気の会社だったり、メンタル的に言いたいことが言えなかったり、

退職を希望されている方それぞれの事情があるかと思います。

もう難しいことは考えず、法律のプロに全部任せたい!という人に向いてますね。

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアン
  • 料金:一律29,800円
  • 運営:東京労働経済組合(通称TRK)

こちらは代理交渉可能で、追加料金は一切なし。

LP(サービスのHP)の画質が少し悪いですが、そこは置いておきましょう。

下記の注意喚起がありました。

退職代行ガーディアン

2について補足すると、別に運営が株式会社でも個人でも問題はありません。

労働組合を装っていることが問題ということです。

こういうのは前述のサービスを比較する時のコツで見極めましょう。

男の退職代行 / 女性の退職代行

男の退職代行
  • 男の退職代行:26,800円(税込)
    女性の退職代行:29,800円(税込)
    アルバイト・パート:19,800円(税込)
    サブスク:月額3,300円(税別)
  • 運営:合同労働組合「退職代行toNEXTユニオン」

こちらは比較的安価で代理交渉が可能

追加料金無しで、転職サポートも付いてます。

女性向けが「女の」じゃなくて「女性の」になってるのは品があって良いですね。

サービスは通常の退職代行と、年2回まで利用可能のサブスクがあります。

サブスクは1年の利用で43,560円になるので、単純に計算すると21,780円/回

男性は5,020円、女性は8,020円、お得に利用出来ます。

テレビや出版、建築など、渡り歩いてる業界自体がブラックという方向きでしょう。

▼男の退職代行

▼女性の退職代行

退職代行Jobs

退職代行Jobs
  • 退職代行:27,000円(税込)
    退職代行+労働組合加盟:29,000円(税込)
  • 運営:株式会社アレス
    監修:隼町法律事務所
    連携:合同労働組合ユニオンジャパン

運営は株式会社ですが、顧問弁護士の監修があります。

連携している労働組合に加盟すれば代理交渉も可能。

相場料金で良いとこ取りが出来ているイメージですね。

LPは簡潔で分かりやすく、注意書きの内容も明確でした。

退職代行Jobs
退職代行Jobs

退職代行J-NEXT

退職代行J-NEXT
  • 料金:一律20,000円(税込み)
  • 運営:J-NEXT株式会社

アメコミチックなビジュアルですね。

こちらは代理交渉について書かれていないため、おそらく出来ません。

力業で退職だけ出来れば良いという人には向いてると言えます。

まとめ

サービス名運営料金補足
退職110番弁護士法人一律43,800円(税込)代理交渉可能
※別途費用
退職代行ガーディアン合同労働組合一律29,800円代理交渉可能
男の退職代行
女性の退職代行
合同労働組合男の退職代行:26,800円(税込)
女性の退職代行:29,800円(税込)
アルバイト・パート:19,800円(税込)
サブスク:月額3,300円(税別)
返金保障
代理交渉可能
転職サポート
退職代行Jobs株式会社退職代行:27,000円(税込)
退職代行+労働組合加盟:29,000円(税込)
返金保障
弁護士監修
代理交渉可能
※要組合加盟
転職フォロー
引越サポート
退職代行J-NEXT株式会社一律20,000円(税込)返金保障
引越紹介割引
転職サポート

どれも退職が出来ないことはないと思うので返金保障は気にせず。

退職後のサポート

退職NOTE

退職NOTE
  • 通常料金:128,000円(税込価格140,800円)
    特別料金:98,000円(税込価格107,800円)
    ※期間限定特別料金:2021年8月31日まで
  • 運営:CREED BANK株式会社

退職後にもらえる公的保障を最大限活用するための情報サービスです。

申請代行や相談は別途サービスの申し込みが必要になります。

こちらはお金に余裕があり、情報を使いこなせる方向きですね。

終わりに

1度きりの人生。嫌な人間関係で悩んでいる暇は1秒もありません。

今は得意なこと・好きなことを仕事にする時代です。

これを機に、環境や人間関係をリセットしてみるのはどうでしょうか?

自分に合う環境で、自分の得意なことを活かし、自分の好きなことをする。

当記事が貴方の優しい世界を見付ける一つのきっかけになれば幸いです。

平和也

以上、退職代行サービス5社比較でした。

さて、僕も楽しく仕事しよっと!