自分が分からないときの対処法5選



平和也

こんにちは。

優しい世界の創造主☆平和也です。

たまに自分が分からなくなるときってありますよね。

急に仕事のやる気がなくなったり、人と話すのも面倒になったり、

かといって何かに打ち込む訳でもなく、ただ時間を浪費してしまう。

そんな自分を振り返って、さらに落ち込む…的なやつです。

本記事ではそんな状態に陥ったときの対処法を5つご紹介します。

心理テストを受けてみる

最も気軽に出来る方法は、心理テストを受けることです。

ネットで検索すれば、性格診断や適職診断など沢山ヒットするので、どれか気になったものをやってみてください。

診断結果を全部を信じる必要はありませんが、自分が感じているモヤモヤを言語化するヒントがあるかもしれません。

少しお金はかかりますが、プロに相談するのも良いかもしれませんね。

スキルマーケット「ココナラ」の「悩み相談・カウンセリング」カテゴリであれば、比較的安価で利用できるので覗いてみてください。

TVCMで話題の【ココナラ】無料会員登録はこちら

趣味を満喫してみる

もう何も考えずに好きなことをやりましょう。

旅に出たり、美味しいものを食べるのはどうですか?

え、お金がない?

じゃあ動画配信サービスでアニメを1クール見るとかどうですかね。

お勧めはdアニメストア(月額440円)です。

古い作品や特番などもあり、とても充実してますよ。

31日間無料!【dアニメストア】

新しいことに挑戦してみる

何事もやってみないと分からないので、まずはやってみることです。

私は幼い頃から絵を描くことが好きでしたが、歌を歌うのも好きだったし、人に勉強を教えるのも身体を動かすのも好きでした。

そして、衝動に身を任せて色々挑戦した結果、どれをどの程度好きかが分かりました。

例えば、絵を描くことは好きだけど、本業にしたい程ではない。歌を歌うのも趣味で良い。でも、人に何かを教えることは仕事にしたいという感じです。

これらは新しいことに挑み、取捨選択を繰り返したからこそ気付けたことだと思います。

好きなことが見付かると「やるべきこと」が見えてくるので、時間の浪費には至りません。

挑戦した分、何度も失敗しました。しかし、生きていれば失敗は無数にあるので、いちいち気にせず果敢に挑みましょう。

失敗して恥をかくよりも、行動しないで自分の可能性(好きなこと・得意なこと)に気付かないままの方がよっぽど惜しいことです。

人間関係を広げてみる

関わる人を変えてみると新しい発見があるかもしれません。

サークルに入って同じ趣味を楽しめる仲間を増やすのはどうでしょう?

あくまで自分を知るために参加するので、別に続かなくても良いんです。

昔は苦手だったことが、今は案外楽しく出来るなんて発見があるかもしれません。

思い切ってマッチングアプリを始めるのも良いですね。

コロナ禍の影響で確実に人と人の出会い方は変わってきています。

クロスミーの「すれ違い機能」や「今日デート機能」は斬新で面白いですよ。

すれ違いマッチングアプリ【クロスミー】!
テレビでも紹介された最先端のアプリです。

生活環境を変えてみる

最後は住む場所を変えることです。

引越は資金が必要ですが、住み込みのリゾートバイトなら割とすぐ出来ます。

一緒に住む人や行動範囲、利用する交通機関が違えば、自分の密かな拘りが見えてくるかもしれませんよ。

私は都内の住宅地で育ちましたが、社会人になってから山の上で暮らしたことがあります。

最初は自然の豊かさや開放感に浮かれていましたが、半年後には交通の便がネックになり速攻で退去に至りました(笑)

平和也

以上、自分が分からないときの対処法5つでした。

時間の浪費はお金の無駄。タイムイズマネーなのです。

調子が悪いときも何かしら行動を起こしていきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!