お金の稼ぎ方5つとお勧めプラン3つ

こんにちは!

優しい世界の創造主・平和也です。

本記事では「お金の稼ぎ方」をシンプルに整理しました。

  • これから社会人になるけど、お金を稼ぐ方法が分からない
  • 個人事業を始めたいけど、どんな方法があるか分からない
  • 個人事業主になったけど、何を頑張れば良いか見失ってしまった

上記のようなお悩みをもつ方にお勧めです。

お勧めのプランや書籍も紹介しているので是非参考にしてみてください!

お金の稼ぎ方5つ

結論、お金の稼ぎ方は下記の5つです。

  1. 時間をお金に変える
  2. ものをお金に変える
  3. 能力をお金に変える
  4. 人気をお金に変える
  5. お金をお金に変える

そして、5つに共通するのは「短時間で済ませるべき」という点。

短時間に限りは無く、一番ベストなのは労働時間ゼロの不労所得になります。

それぞれ詳しく解説していきますね。

①時間をお金に変える

一番目は「時間をお金に変える」方法です。

時間は誰しも平等にもっていますから、何か特別な能力がなくても売ることが出来ます。

問題は採用されるかどうかですが、それについてはご縁が大切です。

学んでから稼ぐより稼ぎながら学ぶ方がずっと効率的なので、社会人はまず自分を売り込むプロになりましょう。

なお、時間を売ることに関しては不労所得には出来ないので、とにかく短時間で大きく稼ぐことを目指します。

②ものをお金に変える

二番目はシンプルに「ものをお金に変える」方法です。

メルカリやヤフオクで不要になった私物を売るのも立派な商売と言えます。

ものの販売はシステムや人を使うことで自動化が可能です。

下記のようなプラットフォームを使えば簡単に始めることが出来ます。

  • BASE
  • BOOTH
  • Brain
  • MakeShop
  • minne
  • note
  • STORES
  • SUZURI

また、デジタルコンテンツであれば仕入コストもかからないため気楽です。

③能力をお金に変える

三番目は「能力をお金に変える」方法です。

フリーランス(個人事業主)は企業と業務委託契約を結び、自身の能力を活かしたサービスを売ってお金を稼いでいます。

最初のうちは依頼内容を把握するのに時間がかかり割に合わない商売となってしまう可能性もありますが、慣れてくれば短時間で効率的にお金を稼ぐことが出来ます。

とはいえ、下請けの仕事は何かと面倒事が多いため、仕事をすること自体にやり甲斐が無ければ外注や組織化をして自分の労働時間を減らしましょう。

ポイントは外注する前にまずは全て自分でやってみることです。

そうすることで、いざ他人に任せるときに相手に配慮した依頼を出すことが出来、そうやって築いた信頼関係が組織化の際に生きてきます。

④人気をお金に変える

四番目は「人気をお金に変える」方法です。

要するに芸能界ですが、今はもっと身近なものになりました。

  • YouTuber
  • インスタグラマー
  • Tik Toker
  • ブロガー

これらは有益なコンテンツを無料公開し、ネット上に人通りの多い道を作る仕事です。

収益化の方法は主に3つあります。

  • 自社商品を紹介し、売り上げを上げる
  • 他社商品を紹介し、成果報酬を受け取る
  • ライブ配信時の投げ銭やファンからのプレゼント

現在は投げ銭で億を稼ぐ人もおり、流行りの商売です。

注意点は、人通りの多い道を作る能力と商品が売れる棚を作る能力は異なるという点。

他社の商品を売ることに特化したい場合は人気者になるだけではなく、人の欲をかきたてるアフィリエイターの能力も必要になります。

⑤お金をお金に変える

最後は「お金をお金に変える」方法です。

これこそ資本主義社会を生きる全人類が目指すべき最終到達点。

不労所得、生活費を稼ぐ労働からのセミリタイアです。

年利は3~5%が妥当と言われています。

仮に4%とすると5千万円を資産運用すれば1年に200万円の利益が出ます。

月換算で16~17万円の収入があれば、決して贅沢は出来ませんが晴れて労働から解放されるという訳です。

時間を作り事業を増やす

以上、お金を稼ぐ方法5つでした。

以下は復習となります。

  1. 時間をお金に変える
  2. ものをお金に変える
  3. 能力をお金に変える
  4. 人気をお金に変える
  5. お金をお金に変える

繰り返しになりますが、5つに共通するのは「短時間で済ませるべき」という点です。

月給20万円を稼ぐのに週5日実働8時間もかけていたら一向に裕福にはなれません。

なるべく短い時間でお金を稼ぐことが資本主義社会では全人類共通の目標となります。

また、短時間で稼げたからといってすぐに気を抜いてはいけません。

  1. 短時間で稼ぐ
  2. 働いてない時間を作る
  3. 空いた時間で新しい事業を始める

上記のサイクルを繰り返し、青天井で収入を伸ばしましょう。

そして、徐々に投資に当てるお金を増やしセミリタイアを目指すのです。

なお、複数の収入源をもつことで「1つがダメになっても別の収入源が生活を支えてくれる」というリスクヘッジをとることが出来ます。

結論、この世に安定は存在しません。

会社員は確かに収入が安定しますが、リストラや倒産のリスクもあります。

複数の収入源をもつことは、これからの時代で必須となるでしょう。

フロービジネスとストックビジネス

会社員以外の働き方でも会社員と同じような安定収入を得る方法があります。

皆さんお持ちのスマートフォンや賃貸住宅は月額制ですよね。

私がアニメの視聴に利用している動画配信サービスも同様です。

このように収益が継続するビジネスモデルをストックビジネスと呼びます。

決まった時間で決まった報酬が手に入るという会社員のメリットを享受できるため、現在は月額制や年契約などのサブスクリプション方式が多いですね。

ストックビジネスは新規顧客を獲得しづらいところがありますが、逆に加入してくれたお客さんは別の商品も買ってくれる可能性が高いと言えます。

安定収入に加え今後営業をかけるべきターゲットを囲うことも出来るため一石二鳥です。

お勧めプラン3つ

それでは、上記を踏まえてお勧めのプランを3つ紹介します。

  1. 副業会社員
  2. お絵描きVtuber
  3. ビジネス系インフルエンサー

個人名の記載は控えますが、上記のプランでお金を稼いでいる方は沢山いるので、是非探してみてください。

ポイントは発信が必須という点。

お金の稼ぎ方で言うと4つ目の「人気をお金に変える」に当たります。

発信はそもそも自分の商品を宣伝する広報活動であり、挑戦することに損がないからです。

それでは、プランの説明に入ります。

プラン①:副業会社員

堅実に会社員として働きつつ、趣味を活かしたグッズを販売するプランです。

会社の仕事に特に不満が無ければこれがベストかもしれません。

なお、アルバイトをしながら夢を追う役者や芸人もこちらと似たようなものです。

プラン②:お絵描きVtuber

昨今のお絵描きマンは美少女の皮を被り、ライブ配信などでタレント化しつつあります。

知名度アップに繋がるクライアントワーク、同人誌の自動販売、ファン向けサブスクのトリプルパンチです。

プラン③:ビジネス系インフルエンサー

もうお金が増えていくだけです。

この延長にお金を配る活動があります。

アルバイトをしながらハングリー精神を活かして役者や芸人を目指すのも良いですが、このような収入基盤を築いてから夢を追うのも良いかもしれませんね。

お勧め書籍紹介

お疲れ様でした。

最後にお勧めの書籍を紹介します。

  1. 世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生
  2. お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!
  3. 本当の自由を手に入れる お金の大学

私はこの3冊を辞書のように何度も読み返しています。

世界一やさしい フリーランスの教科書 1年生

著:高田ゲンキさん

フリーランスの入門書です。

個人事業の始め方や営業方法などがとても丁寧に解説されています。

お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!

著:大河内薫さん、若林杏樹さん

個人事業主の税金周りが漫画でコミカルに解説されています。

確定申告が難しそうだからと一歩を踏み出せない人の背中を押してくれる一冊です。

本当の自由を手に入れる お金の大学

著:両@リベ大学長

お金に関する辞書のような一冊です。

経済的自立を手に入れるための知識が詰まっています。

最後に:個人事業をもっと身近に

資本主義社会では貧富の差がえげつないことになるため、お金を稼ぐことに対しては常に貪欲でいなければなりません。

ストレートにお金を稼ぐと聞くと「怪しい」とか「詐欺かも」とか嫌な予感がしてしまう方も多いかもしれませんが、ネットだから詐欺という訳ではありません。

詐欺は詐欺。クリーンな商売はクリーンな商売。それらをしっかり見極めるためにも、まずはビジネスを作る側になってみることが大事かと思います。

初心者の方にはスキルのフリーマーケット「ココナラ」がお勧めです。

安全に自分の得意なことを商売に変えられる上に、ポートフォリオやブログなど自分をアピールするホームページのような使い方も出来ます。

無料会員登録してサービス内容を見る

まだ「時間をお金に変える」以外のお金の稼ぎ方を経験したことが無い方はどんなサービスが出品されているか覗いてみてください。

個人事業をもっと身近に感じることが出来るようになりますよ(^^)

以上、お金の稼ぎ方5つとお勧めプラン3つでした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!